メディアボックスを作成する

メディアボックスを使用することで、さまざまな条件を設定してファイルやフォルダーを共有することができます。作成者は、対象となる受信者およびアクセス権限、アクセス認証や有効期限などのセキュリティを設定することができます。受信者はブラウザーで通知される共有リンクを開くだけで、ファイルをプレビューまたはダウンロードできます。

下記の方法で、メディアボックスを作成できます:

— ファイルをクリックして、青色のアクションバーにある [共有] アイコンを選択します。メニューに表示される [新規メディアボックスで共有] をクリックします:

Screen_Shot_2021-12-06_at_8.46.47_PM.png

図 1: アクションバーからのメディアボックスの作成

 

— ファイルを右クリックして表示されるコンテキストメニューで [共有] -> [新規メディアボックスで共有] を選択します:

Screen_Shot_2021-12-06_at_8.50.53_PM.png

図 2: コンテキストメニューからのメディアボックスの作成

 

— ワークスペースで [+新規項目] ボタンをクリックして、[新規メディアボックスで共有] をクリックすることで、新しいメディアボックスを作成することもできます:

Screen_Shot_2021-12-06_at_8.52.29_PM.png

図 3: [+新規項目] ボタンからのメディアボックスの作成

 

いずれの方法でも、同様にメディアボックスを作成するためのダイアログが表示されます :

Screen_Shot_2021-12-06_at_8.55.22_PM.png

図 4: [メディアボックスを作成] ダイアログ (カスタマイズタブ)

 

カスタマイズタブでは、メディアボックスの基本的な設定を行います。メディアボックスの名前は、既定値では対象のファイル名やファイル数などの文字列が設定されている場合がありますが、任意で修正することもできます。

メディアボックスの備考欄には受信者に対するコメントを任意で入力することもできます。

次に、メディアボックスの種類を指定します。メディアボックスには次の 3 つの種類があります:

  • セキュア: Ci へのサインインによる認証を行います。Ci のアカウントを持っており、作成者によって指定された受信者のみ、アクセスできます。
  • プロテクト: メディアボックスの共有リンクと設定されたパスワードを知っている受信者はアクセスできます。
  • パブリック: メディアボックスの共有リンクを知っている受信者はアクセスできます。

必要に応じて、有効期限を設定できます。既定値では 1 か月が設定されています。

受信者のリストは、メールアドレスを入力するか、配信先リストから選択します (メディアボックスの種類として、プロテクトまたはパブリックが選択されている場合には、入力は任意です)

 

拡張設定では、さまざまな条件を設定できます:

Screen_Shot_2021-12-06_at_8.57.02_PM.png

図 5: メディアボックス作成のためのダイアログ (拡張設定)

 

  • [ビデオおよび画像にウォーターマークを適用する] を選択すると、ウォーターマークを付加できます

  • [ソースファイルのダウンロード権限を付与する] を選択すると、ソースファイルのダウンロードが許可されます (注: アーカイブされたファイルはダウンロードできないため、あらかじめリストアを行っておく必要があります)

  • [Ci が生成したプレビュー用のプロキシおよびカスタムレンダリングのダウンロード権限を付与する] を選択すると、任意の解像度のプロキシまたはカスタムレンダリングのダウンロードが許可されます

  • [ユーザーによって登録された関連ファイルのダウンロード権限を付与する] を選択すると、画像、ビデオまたはオーディオファイルなど、任意の関連ファイルのダウンロードが許可されます

下記の場合、通知メールを行うことができます:

  • [メディアボックスへのアクセスがあったときに通知する] を選択すると、受信者がメディアボックスを開いたとき、メールで通知します

  • [メディアボックスの設定が変更されたときに通知する] を選択すると、メディアボックスが編集されたとき、メールで通知します

次回、メディアボックスを作成するときのために既定値として設定内容を保存したい場合には、[この設定を既定値として記憶する] チェックボックスを選択しておきます。

コンテンツタブでは、メディアボックスで公開するファイルの追加または削除、ドラッグによる並べ替え、ソート順の選択などを行うことができます:

Screen_Shot_2021-12-06_at_8.58.54_PM.png

図 6: メディアボックス作成のためのダイアログ (コンテンツタブ)

 

最後に [メディアボックスを作成] をクリックすると、メディアボックスが作成されます。その後、メディアボックスの共有リンクをコピーする、または、Ci から直接、受信者へ共有リンクをメール送信することもできます:

Screen_Shot_2021-12-06_at_9.02.31_PM.png

図 7: メディアボックスの作成完了後の画面

 

メディアボックスで受信中のライブストリーミングの共有

Ci では、RTMP または HLS からライブストリーミングを受信できますが、受信中のライブストリーミングもメディアボックスで共有することができます。

ライブストリーミングの受信が開始された後、ファイルを右クリックして、[共有] -> [既存のメディアボックスに追加] を選択します。この操作はファイルを選択して、青色のアクションバーにある [共有] アイコンをクリックすることでも同様に行うことができます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.14.56_PM.png

8: 既存のメディアボックスに受信中のライブストリーミングを追加

 

1 つまたは複数のメディアボックスを選択し、[追加先 # メディアボックス] ボタンをクリックすると、指定したメディアボックスでライブストリーミングが共有されます: 

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.15.30_PM.png

図 9: 1 つのメディアボックスに追加

 

ライブストリーミングが追加された後、メディアボックスのページに移動して、ライブストリーミングを追加したメディアボックスをダブルクリックするか、選択してアクションバーの [表示] をクリックして、メディアボックスを開きます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.16.47_PM.png

図 10: メディアボックスを開く

 

ライブストリーミングのサムネイルはプレーヤー、ワークスペースのフォルダ―およびメディアボックスに表示されます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.17.35_PM.png

図 11: ライブストリーミングのサムネイル

 

メディアボックスの受信者はファイルをダブルクリックするだけで、受信中のライブストリーミングをプレビューできます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.19.08_PM.png

図 12: メディアボックスでのライブストリーミングのプレビュー

 

ストリーミング終了後、ファイルの処理が開始されます。ファイルの処理が完了すると、メディアボックスでダウンロード権限が付与されている場合には、ファイルをダウンロードすることができるようなります。

 

ご不明な点がございましたら、ヘルプセンターでリクエストを送信して、Ci カスタマーサクセスチームへお問い合わせください。 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください