RTMP / HLS からのライブストリーミングを受信する

Ci では RTMP (Real-Time Messaging Protocol) または HLS (HTTP Live Streaming) からのライブストリーミングを受信してファイル収録できます。

ナビゲーションメニューからライブストリーミングを保存するワークスペースおよびフォルダーへ移動します:

Screen_Shot_2022-04-13_at_2.59.53_PM.png
図 1: ナビゲーションメニュー

 

[+新規項目] をクリックして、[ライブストリーミング] をクリックします:

Screen_Shot_2022-04-13_at_3.02.21_PM.png

 図 2: 新規項目ボタンにあるライブストリーミングのオプション 

 

ライブストリーミングの種類によって、設定は異なります。

HLS プルの場合には、下記の情報を入力します:

― ライブストリーミングのファイル名

― [ストリーミングの URL] 欄に受信する HLS URL

Ci でのライブストリーミングの受信を開始するには、[ライブストリーミングを作成] をクリックします:

Screen_Shot_2022-04-13_at_3.06.22_PM.png

図 3: ライブストリーミングの設定画面 (HLS)  

 

RTMP プッシュの場合には、下記の情報を入力します:

― ライブストリーミングのファイル名

Ci でのライブストリーミングの受信を開始するには、[ライブストリーミングを作成] をクリックします:

Screen_Shot_2022-04-13_at_3.06.29_PM.png

図 4: ライブストリーミングの設定画面 (RTMP)  

 

RTMP プッシュでライブストリーミングを受信するためのサーバーアドレスおよびストリーミングキーが表示されます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_4.35.06_PM.png

図 5: RTMP プッシュでライブストリーミングを受信するための情報

 

ライブストリーミングを受信している間は、コンテキストパネルにある [ライブストリーミングの情報を表示] をクリックすることで、 HLS または RTMP の詳細情報を確認できます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_3.25.30_PM.png

図 6: コンテキストパネルの RTMP ライブストリーミングの詳細情報 

 

ファイルのサムネイルにもライブストリーミングを受信しているステータスが表示されます。ライブストリーミングを取得している間は [ライブストリーミングを開始中] と表示されます。ステータスが [ライブストリーミング] に更新された後、ファイルを選択してアクションバーを表示します。

Screen_Shot_2022-04-13_at_4.33.16_PM.png

図 7: HLS のライブストリーミングを受信中

 

[プレビュー] をクリックすると、ストリーミングが表示されます。 

Screen_Shot_2022-04-13_at_4.38.59_PM.png

図 8: ライブストリーミングのプレビュー

 

ライブストリーミングの受信中にはトラックバーを使って任意のシーンにキューアップしたり、[ライブを表示] をクリックしてライブ再生に戻ることができます。

Screen_Shot_2022-04-13_at_4.43.41_PM.png

図 9: 受信中のライブストリーミングのプレビュー画面

 

ストリーミングを終了するには、[ライブストリーミングを終了] をクリックします。終了したライブストリーミングは再開できませんので、ご注意ください。

Screen_Shot_2022-04-13_at_4.51.57_PM.png

図 10: ライブストリーミングの終了

 

注: ライブストリーミングの受信は手動で終了の操作が必要です。ライブストリーミングの受信は自動で終了しないため、受信したままになっている場合には利用料金が発生します。

Screen_Shot_2022-04-13_at_4.45.27_PM.png

図 11: ライブストリーミングの受信の終了

 

ライブストリーミングの受信が終了すると、ファイルは処理されます。ファイルのサムネイルにはステータスが表示されます:

Screen_Shot_2020-07-31_at_1.52.43_PM.png

図 12: ライブストリーミングの受信終了のステータス表示

 

ファイルの処理中でも、ビデオの再生やメディアログからの参照は可能ですが、ダウンロード、メディアボックスでの共有、ビデオレビューからの参照はファイルの処理が完了するまで、利用できません。

    • [アプリ] ボタンにある [メディアログ] を選択することで、受信中のライブストリーミングへのメタデータ入力を行うことができます。メディアログについての詳細は メディアログでメディアにメタデータ入力する をご覧ください。

    • [詳細] をクリックして [お気に入り] を選択すると、受信したライブストリーミングをお気に入りに設定できます。

    • [詳細] をクリックして [ファイル名を変更] を選択すると、受信したライブストリーミングの名前を変更できます。

 

メディアボックスで受信中のライブストリーミングの共有 

Ci では、受信中のライブストリーミングもメディアボックスで共有することができます。

ライブストリーミングの受信が開始された後、ファイルを右クリックして、[共有] -> [既存のメディアボックスに追加] を選択します。この操作はファイルを選択して、青色のアクションバーにある [共有] アイコンをクリックすることでも同様に行うことができます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.14.56_PM.png

図 13: 既存のメディアボックスに受信中のライブストリーミングを追加

 

1 つまたは複数のメディアボックスを選択し、[追加先 # メディアボックス] ボタンをクリックすると、指定したメディアボックスでライブストリーミングが共有されます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.15.30_PM.png

図 14: 1 つのメディアボックスに追加

 

ライブストリーミングが追加された後、メディアボックスのページに移動して、ライブストリーミングを追加したメディアボックスをダブルクリックするか、選択してアクションバーの [表示] をクリックして、メディアボックスを開きます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.16.47_PM.png

図 15: メディアボックスを開く

 

ライブストリーミングのサムネイルはプレーヤー、ワークスペースのフォルダ―およびメディアボックスに表示されます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.17.35_PM.png

図 16: ライブストリーミングのサムネイル

 

メディアボックスの受信者はファイルをダブルクリックするだけで、受信中のライブストリーミングをプレビューできます:

Screen_Shot_2022-04-13_at_5.19.08_PM.png

図 17: メディアボックスでのライブストリーミングのプレビュー

 

ストリーミング終了後、ファイルの処理が開始されます。ファイルの処理が完了すると、メディアボックスでダウンロード権限が付与されている場合には、ファイルをダウンロードすることができるようなります。

 

ご不明な点がございましたら、ヘルプセンターでリクエストを送信して、Ci カスタマーサクセスチームへお問い合わせください。 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください