Ci へファイルをアップロードする

ユーザーは HTTP または Aspera Connect を経由して、コンテンツをアップロードできます。

標準アップロード

標準アップロードでは、Web ブラウザーの HTTP プロトコルを使用します。アップロード速度、所要時間はユーザーの Web への接続環境、他のネットワークを使用するアプリケーションなどに依存します。

このオプションでコンテンツをアップロードするには、+Add Item ボタンをクリックし、Upload オプションをクリックします。

または、ファイルをワークスペースへドラッグアンドドロップして、アップロードすることもできます。

標準アップロードの場合、ユーザーは、アップロードを行っているブラウザのタブまたはウィンドウを閉じないでください。ブラウザーのタブまたはウィンドウを閉じた場合、アップロードは失敗します。

Screen_Shot_2020-02-13_at_7.16.27_AM.png

図 1: 標準アップロードによるファイルのアップロード

Aspera Connect アップロード

(*Aspera Connect アップロードは、有償の契約プランに加入しているユーザーにおいて、利用できます)

Aspera Connect は、ファイルサイズやユーザーのロケーションに関係なく、アップロードの信頼性を高めるクライアントを提供します。ファイルサイズの制限は 5TB です。

Aspera Connect プラグインをインストールするには、ワークスペースの Upload メニューにある Upload w/Aspera オプションをクリックします。これにより、Aspera Connect プラグインをインストールするためのプロンプトが開きます。

Screen_Shot_2020-02-13_at_7.19.48_AM.png

図 2: Aspera によるファイルのアップロード

Aspera Connect によるアップロードに関する、具体的な情報については、次のナレッジベースの記事をご参照ください: ユーザーガイド: Aspera アップロード

 

 

アップロードの進捗状況の確認

アップロードが開始されると、ワークスペースの UI 上に進捗状況が表示されます:

Screen_Shot_2020-02-13_at_7.27.28_AM.png

図 3: アップロードの進捗状況

 

ファイルのアップロードが完了すると、ファイルは処理待ちとなります:

Screen_Shot_2020-02-13_at_7.37.59_AM.png

図 4: アップロード完了後、処理待ちとなったファイル

Screen_Shot_2020-02-13_at_7.47.20_AM.png

図 5:  処理が進行しているアセット

 

ご不明な点がございましたら、ヘルプセンターでリクエストを送信して、Ci カスタマーサクセスチームへお問い合わせください。 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください